8月24日、25日に、5年生は国立能登青少年交流の家で集団宿泊学習を行いました。
 1日目は、午前中、コスモアイル羽咋に行き、過去の宇宙船を見ました。それから、青少年交流の家に行き、いかだづくりや、カッターこぎをしました。子供たちはすぐにはいかだを作れなかったり、カッターをタイミングよくこげなかったりして苦心しましたが、後半はどちらもうまくこいで楽しく活動していました。夜には、協力してナイトアドベンチャーに挑戦しました。みんなで一緒に暗い林の中を歩くのはとても楽しかったようです。
 2日目は、アーチェリーとカヌーを行いました。アーチェリーでは、矢を引っ張るのが難しく、姿勢をうまく保つことができませんでしたが、指導員の方の話を聞いて、子供たちはまっすぐに矢を放つようになりました。カヌーでは、友達同士、励ましたりアドバイスしたりして協力する姿が見られました。
 宿泊学習を通して、仲間と協力すること、自分たちで考えて行動することの大切さを学ぶことができました。

DSC08799

DSC08822

P1050458

P1050443

DSC08851