5年生は、高岡市地場産業センターに行き、「錫の壁掛けフック」の仕上げ作業を行いました。

最初に自分が作った原型を下に置き、その上に砂をかけ、固めていきます。手で押さえたり、棒で押し込んだり、スタンプ(子供たちはそう呼んでいた)のようなもので押し固めたりして、砂で型を取りました。

その型に高温の錫を流し込み、いよいよ錫の作品の仕上がりが近付いてきました。

砂の中から自分の作品が出てきたときには、子供たちのうれしそうな顔が見られました。

その後は、自分の作品をやすりやスプーンで愛情を込めて磨きました。

お世話になった講師の先生方、ご自分の作品のように丁寧に作っていただき、ありがとうございました。