12月24日(火)に2学期の授賞式・終業式が行われました。

授賞式では、各種大会やコンクールで素晴らしい成績を収めた児童が表彰され、子供たちは誇らしげな顔で、堂々と賞状を受け取りました。

終業式では、1・3・5年の代表児童に校長先生がインタビューを行い、今年一番嬉しかったこと、頑張ったことを発表しました。

校長先生からは、「冬休みに、家族の一員として自分からお手伝いのできる人になれるよう、毎日の生活でしっかりと目標をもって過ごしてほしい」というお話がありました。

生徒指導の福本先生からは、来年の干支「ね・ず・み」をキーワードに、安全に楽しく冬休みを過ごすための約束事についてのお話がありました。

「ね」・・・ネット、ゲームだれと?

見えない相手とつながっていることを考える

「ず」・・・ずるい心×

いじめや万引きを絶対にしない

「み」・・・身を守る

不審者、車、雪から身を守る

三つをしっかりと守り、子供たちにとって有意義な冬休みとなることを願っています。

3学期の始業式には、一回り大きく成長した子供たちに会えるのを楽しみにしています。