第38回全国万葉短歌大会ジュニアの部にて

本校の4年生が

「わからない なけない自分がわからない インコのひなは死んでしまった」

という短歌で大賞を受賞しました。

選評では、『自分はなぜ泣けないのか……。子どもの心と少し大人の心と、両方を感じさせる不思議な歌です。

「自分がわからない」ことに気づく、それはすばらしい詩人の心ではないでしょうか。』

と評価されました。

これからも、そんな心を大切にしながら成長して欲しいと思います。