神保康子先生が、北海道より定塚小学校に来校されました。

低学年・中学年・高学年ごとに、読み聞かせをしていただきました。

定塚小学校に来てくださっていたときと同様、ろうそくに火を付けて前と変わらぬ様子で読み聞かせをしてくださり、子供たちも教職員も、懐かしい思いで一杯になりました。

「パンケーキ」「何にもないところから」等、多くの読み聞かせをしてくださいました。

豊かな表現力の神保先生に、子供たちは暑さも忘れて聞き入っていました。

子供たちからは、「神保先生が来てくださって大変嬉しかった。」「神保先生、また来てください。」といった感想が多く見られました。

神保先生が帰られるときには、たくさんの児童が見送り、神保先生へ感謝の気持ちを込めて手を振りました。子供だけではなく教職員も、読み聞かせの楽しさを味わうとともに、神保先生の優しさを学ぶ機会にもなりました。