11月8日(火)、本校で県西部教育課程研究集会(道徳)があり、1,4,6年の教室で公開授業を行いました。どの学年の児童も、課題について深く考え、意見を交わしました。授業後の協議会では、参加した約100名の教員が、「考え、議論する道徳の授業」を目指し、意見を交わしました。

午後には、昭和大学大学院教授 押谷由夫先生から、これからの道徳教育の在り方についてお話を聞きました。

来年度も全教育活動を通じて道徳教育を推進し、児童の道徳性を豊かにするよう努めます。

1年2組「どんぐり」

dsc01549 dsc01552

4年1組「五百人からもらった命」

p1060478 p1060494

6年3組「メジャーリーガー・イチロー」

dscn1481 dscn1488

「これからの道徳教育の在り方について」押谷由夫先生

dsc01597