10月31日(火)、生活科の学習でさつまいも掘りをしました。

5月にさつまいもの種を植え、水やりをしながらお世話をしてきました。しかし、水やりを忘れる日が続き、枯れる苗も出てきました。そこで、時々話合いをもち、「一生懸命お世話をすることで、元気に育つ」「さつまいもにも命があるから、大切に育てていかなければいけない」と、自分たちを見つめ直し、今までお世話をがんばりました。

子供たちの大きな歓声を聞くと、今まで育ててきたさつまいもに出会えた感動が大きかったように思います。その後、つるを使って冠を作ったり、なわとびをしたりするなど、様々なアイディアを出して遊んでいました。

自分たちが育てた大切な命に触れた、とても貴重な機会となりました。