社会科の学習で定塚校区の探検に出かけました。子どもたちは、道の周りの様子を観察し、気付いたことを探検メモに書き込みました。「高ノ宮コース」と「城東コース」の2回の探検を通して、今まで何気なく通っている道でも、意識して見てみると、コースによって道幅や土地の使われ方、交通の量などの違いがあることに気付きました。

次回は「市役所コース」に行き、一人一人が探検を通して気付いたことを地図にまとめていく予定です。どんな地図が仕上がるか楽しみですね。