4年生は、保健の授業で思春期の体の変化を学習しています。

教科書で一通り内容を学習した後、養護教諭から詳しい話を聞きました。

男女差や個人差はあるものの、新しい生命をつくり出す準備をする時期がやってくることや、それに伴って起こる体の内外の変化について学びました。

誰にでも起こる変化ではあるものの、いつやってくるかも分からない成長過程であるので、子供たちは人間の命の不思議さを感じていました。

互いのことをもっとよく知って、互いを思いやって生きていくための大切な学習をしました。