高岡消防署の協力でファイヤーパークを行いました。

まず、消防署の方による、寸劇がありました。地震が起きた際にはパニックになるため、日頃から災害時に気を付けることなどを話し合っておくことや、火事にならないためにストーブの上には物を置かないことなど、具体的な家族の姿を寸劇を通して分かりやすく説明してくださいました。

次に、防火体験がありました。

低学年は放水体験と防火映画を視聴しました。強い力で放出される水は操作するのが難しいことを体験しました。また、火事のビデオでは、火遊びをしてしまうと家屋などに燃え移ってしまうことをアニメーションで理解しました。
dsc01650dsc01657

中学年は紙スリッパづくりと煙中体験をしました。逃げるときに、足を守るためのスリッパを素早く作る方法を知り、煙を吸わないために鼻と口を覆うようにハンカチを当てるとよいことや、煙は上に上がるので下の方に頭を下ろして歩くことが重要であることも学びました。
cimg2130 cimg2143

高学年は消火器の使い方と救急体験をしました。子供たちは消火器の順番を真剣に覚えて放水しようと一生懸命でした。また、心臓マッサージを手際よくリズムよく行うことの大切さを感じ取っていました。
dscn1545dscn1536

最後に防火講習を受けました。一定の温度を超えると油が発火することや、燃えている時に直接水をかけず空気を遮断する方法がよいこと等、映像も交えて詳しく教えてくださいました。
p1060059

子供たちにとって、防火についての知識と技量を向上させる貴重な体験になりました。