熊本県の御船町立御船小学校より梅野教頭先生が来校されました。

校長先生が、募金がきっかけで御船小学校との交流が始まったこと、今後も交流できればいいと話されました。

梅野教頭先生から、地震が起きた際の学校の様子や1年間の間に地震が4000回もあったことなどを聞き、子供たちはとても驚いていました。

6年生は、交流を通して学んだことや御船小学校の友達への激励の言葉を述べました。

最後に御船小学校とライオンズクラブの方々に感謝の気持ちを込め、全校児童で「いのちの森」を合唱しました。

御船小学校の梅野先生はたくさんの児童と握手や言葉を交わし体育館を後にされました。子供たちにとって、とても心に残る集会になりました。